シングルマザーの仕事選びポイントは?手当は?

 

シングルマザー

ドラマ「Woman」でも話題になり、日本国内でも

年々増え続けているのが母子家庭、いわゆる

シングルマザーです。

 

そんなシングルマザーの方々が一番不安に思って

いるのがこれからの将来です。

 

 

なので、今回はこれからの将来に直結する

仕事選びのポイント、有利な資格、手当て

紹介していきますね(^^

       スポンサードリンク


 

仕事選びのポイント

 

1.最低条件の整理

まずは、自分が子供を養っていき、仕事をやっていくための

譲れない最低条件を整理する必要があります。

 

これは、生活に必要な収入、子育てと両立できる通勤時間や勤務時間、

休日や休暇などで、大切なことなので以下にまとめます。

 

1.必要な収入   生活する上で必要な月収及び年収は?

2・勤務時間    子供を預ける時間を考慮し何時間勤務可能か?(残業含む)

3.通勤時間    通勤時間はどれくらいとれるか?

4・休日・休暇   休みの希望曜日、お盆、年末年始の必要な休暇は?

 

以上4つは、シングルマザーとして仕事をしていく上で、とても

大事なことなので、必ず整理するようにし、無理に欲張ったりせず、

慎重に進めていかれたらと思います。

スポンサードリンク


 

2.将来につながる仕事

シングルマザーになったら、子供が大人になるまで、長期間

働き続ける必要があり、またその覚悟も必要です。

 

長期間働き続けるとした場合、会社から必要とされる人になり、

資格を取得し、手に職を付ける仕事が良いです。

 

では、どんな仕事があるでしょう? 以下にまとめました。

1.マネージャーや店長 など管理職業務

2.他会社でも通用する経験を積める経験職仕事。

3.介護や医療

 

特に介護や医療は、これからの高齢化社会となる日本にとって

必ず必要とされる業務ですね!!

シングルマザー2

子供の成長のために必ず頑張る」という意識を持ったシングルマザーなら

どんな仕事でも絶対に乗り越えられると思います!!

是非とも、明るい将来を自分の手で掴み取ってもらいたいです(^^

 

ちなみに介護や医療系の資格を取るなら、簡単に
無料で資料請求ができる、こちらがおすすめです!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
シカトル
医療・介護の資格資料請求なら全て無料「シカトル」

興味がある方は、資料請求をしてみてはいかがでしょうか(^^

 

シングルマザーへの手当ては?

 

シングルマザーになった場合、様々な手当や支援制度が

ありますので、以下にまとめますね(^^

1.手当て

1.児童扶養手当
2.特別児童扶養手当
3.児童手当
4.母子年金
5.母子・父子家庭のための住宅手当
6.生活保護
7.片親(母子)家庭等の医療費助成制度
8.小児医療費助成制度

 

2.助成制度

1.所得税・住民税の減免
2.国民年金・国民健康保険の免除
3.交通機関の割引制度
4.粗大ごみ等処理手数料の減免制度
5.上下水道の減免制度
6.預金利子非課税制度(マル優)
7.保育料の免除と減額
8.福祉定期貯金

 

以上の手当や制度についてはこちらのサイトに

詳しく掲載されていますので、ご覧になってくださいね(^^

シングルマザー手続き

 



最後に

いかがだってでしょうか?

シングルマザーに限らず仕事を探す上では、資格を

持っていたほうが絶対有利ですし、自分の武器にもなります。

 
資格を取るなら
医療・介護の資格資料請求なら全て無料「シカトル」

 
ぜひ資格を取得し、会社にとって必要な存在

なることができたらと思います(^^

スポンサードリンク


記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?



もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、

ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る