ボジョレーヌーボーの2013年の解禁日は?出来は過去最高!?

 

毎年11月になり、もっとも話題になるのが

ボジョレーヌーボーです!!

 

ダウンロード (1)

ワイン好きの人には、たまらない一大イベント

ですが、これからワインを飲み始めようって人は

イマイチピンと来ないかもしれません。

 

なので今回は、「これからワインを飲もう」と思って

いるあなたへ、ボジョレーヌーボーのあれこれ、そして

今年の出来などを紹介していきますね(^^

       スポンサードリンク


 

ボジョレーヌーボーとは?

そもそもボジョレーヌーボーって、どんなワイン

なんでしょう?

 

ボジョレーヌーボーは、フランスのブルゴーニュ地方

ボジョレー地区で作られる新酒の赤ワインのことを

ボジョレーヌーボーというんですね(^^

 

ちなみにブルゴーニュ地方ボジョレー地区はここ

ボジョレー2

 

 

解禁日は?

ボジョレーヌーボーの解禁日は毎年11月の

第3木曜の午前0時って決まっているんです!!

なので2013年は11月21日です。

楽しみですね(^^

 

スポンサードリンク


ではなぜ、11月の第3木曜日午前0時に解禁と

なったのでしょう?

 

これはフランス政府が、ワインに関する規制をこと

細かにして、ブドウの品種や製法まで決めている

からなんです。

ボジョレー3

これにより、まだ完全に出来てないものを出荷したり

質の悪いものを出荷したりなど、過当競争を防げるし、

生産者も解禁日に間に合うように、しっかりと作ること

が出来るんです(^^

 

解禁日があることで、あなたも最高品質のボジョレー

ヌーボーを飲むことが出来るんですね(^^

ボジョレー4

 

ボジョレーヌーボーの味は?

ボジョレーヌーボーは、ガメイ種というブドウから

できているんです!!そのため、フルーティーで

フレッシュなワインが出来るんです!!

ボジョレー5

なので、渋みが少なく、口当たりも良くて、初めて

ワインを飲むって人にもオススメなんですね(^^

 

ちなみに輸入量は日本が第1位なんだそうです。

それだけ日本人の口に合っているってことなんで

しょうね(^^

 

 

ボジョレーヌーボー 今年の出来は?

そして、誰もが気になるのが、ボジョレーヌーボーの

今年の出来ではないでしょうか?

 

ボジョレーヌーボーは毎年、フランスの

ボージョレーワイン委員会がその年その年の

出来について評価をしているんです!!

 

ちなみにこちらが過去10年の評価です(^^

  • 2003年:100年に1度の出来
  • 2004年:香りが強く中々の出来栄え
  • 2005年:ここ数年で最高
  • 2006年:昨年同様良い出来栄え
  • 2007年:柔らかく果実味が豊かで上質な味わい
  • 2008年:豊かな果実味と程よい酸味が調和した味
  • 2009年:50年に1度の出来
  • 2010年:1950年以降最高の出来といわれた2009年と同等の出来
  • 2011年:近年の当たり年である2009年に匹敵する出来
  • 2012年:史上最悪の不作だが、ブドウの品質はよく熟すことができて健全

これを見る限り、09年の「50年に1度の出来」と

10年の「2009年と同等の出来」、11年の「2009年に

匹敵する出来」と評価されている、この3年の出来が

最高に良かった」と、とれますね(^^

 

なので、今年の評価がこの09年~11年よりも

良ければ、過去最高の出来ということになります(^^

 

ちなみに今年のボジョレー地方の夏は、照りつける

太陽により気温が上昇し、日中は34℃、夜は18℃と

寒暖の差が大きく、ブドウにとって理想的な天候

だったそうです!!

 



また、収穫量についても「全く問題ない」という

ことだったので、今年のボジョレーヌーボーは

大いに期待できそうですね(^^

 

そんな期待大のボジョレーヌーボー2013!!

数ある中で、管理人のおすすめはこれ(^^

これ、マジで美味いですよ(^^

 

 

まとめ

ボジョレーヌーボーとは

  • フランスのブルゴーニュ地方ボジョレー地区で作られる新酒の赤ワイン
  • 解禁日は毎年11月第3週木曜日
  • ガメイ種というブドウから作られる。
  • 日本が輸入量第1位
  • ボージョレーワイン委員会が出来を評価
  • 2013年の出来は期待大(^^

以上がボジョレーヌーボーのあれこれ、そして

今年の出来の最新情報でした!!

wine-400739_640

今年もボジョレーヌーボーで、美味しい秋

満喫したいですね(^^

スポンサードリンク


記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?



もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、

ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る