紅葉スポット!!関東限定!!紅葉祭りオススメベスト3はここ!!

 

紅葉祭りを満喫したい!!

いよいよ紅葉を楽しめる季節が

やってきましたね~!!

 

今回は、紅葉祭りを満喫したいあなたに

関東限定の紅葉スポット!!

紅葉祭りオススメベスト3

紹介していきますね(^^

紅葉1

 

       スポンサードリンク


 

竜神峡・竜神大吊橋

吊り橋や渓谷で紅葉祭りを楽しみたい

というあなたにオススメなのがこちら

竜神峡・竜神大吊橋です!!

紅葉2

竜神川の大渓谷が美しく、高さ100mの吊り橋から

見えるその光景は、一度見たら忘れられない

そんな感動を味わうことができるでしょう(^^

紅葉の見ごろ:11月中旬~11月下旬

紅葉3

そしてここで開催される紅葉祭りが、

竜神峡紅葉まつり」です!!

 

物産市やフォトコンテストなど様々なイベントが

開催されますが特にオススメなのが

常陸秋そば 新そばフェア」です!!

紅葉4

品質日本一と言われる常陸秋そばを、紅葉を

見ながら堪能するのは、この上ない幸福感

味わうことができますね(^^

 

竜神峡紅葉まつり

期間 11月1日~11月30日

場所: 茨城県常陸太田市天下野町2133-6 

お問合せ:常陸太田市観光物産協会水府支部
0294-85-1116

アクセス:交通バス乗り換え約11分
「竜神大吊橋入口」下車徒歩約20分

 

あ、そういえば11月13日の茨城県民の日は、

通常200円する吊橋の通行料がなんと無料

なるので、特にオススメですね!!

 

成田山公園

広大な公園での紅葉をのんびり楽しみたい!!

そんなあなたにオススメなのが「成田山公園」です。

紅葉5

成田山新勝寺、大本堂の奥にある広大な成田山公園は

165,000平方メートル、なんと東京ドームのグランドよりも

大きいのです(^^;

 

そんな広大な公園内で、特にオススメなのがこちら

竜智の池」付近の紅葉です!!

紅葉6

池の周りの紅葉した葉が、池の水面に反射して

この上ない美しさを体感でき、安らぎを与えて

くれます(^^

 

あ、そいうえばこの竜智の池に浮かぶ浮御堂で

演奏会も開催されるんですよ♫

これがなかなか美しいのです!!

 

琴や尺八の美しい音色が、水面に反射した紅葉と

華麗にマッチして、あなたの心の琴線に触れる音楽

となるでしょう(^^

 

そして、ここの紅葉まつりでは「お茶会」も

開催されるんです(^^

 

お茶会は成田山書道美術館の隣にある

茶室「赤松庵(せきしょうあん)」で行われ、

お菓子と抹茶の接待が行われるんですね(^^

 

日本特有の「おもてなし」を十分に味わうことが

できるので、ぜひ抹茶の味を堪能してみては

いかがでしょうか(^^

紅葉8

参加する人は「お茶会は初めて」という人が

多いので、誰でも気軽に参加できますね。

 

成田山公園紅葉まつり

期間 11月中旬~12月上旬

場所:千葉県成田市成田1番地 

お問合せ:成田市観光協会
0476-22-2102

アクセス:JR成田駅・京成本線成田駅から
徒歩約15分

 

 

丹沢湖

美しい湖と紅葉を楽しみたい!!

そんなあなたにオススメなのが丹沢湖です(^^

紅葉9

静かな湖面に映る、数々の紅葉はまさしく絶景と

いうくらい、美しさを感じさせてくれます(^^

 

そんな静かな湖面を、ボートに乗って優雅に景色を

眺めるのもいいかもしれませんね(^^

紅葉10

ボートについての詳細はこちらをご覧に

なって下さいね(^^

丹沢湖の紅葉は11月上旬~下旬が見頃です!!

丹沢湖の場所は⇒こちら

 

そして、ここでのお祭りは、紅葉の名所中川温泉を

会場にした、西丹沢もみじ祭りです!!

紅葉13

このお祭りでの目玉は何といっても千人鍋(しし鍋)です(^^

これは、中川バーベキューセンター前で開催され、

100台の大鍋に、猪肉や地元産の野菜がたっぷり

入った超ボリューム満点のお鍋なんです!!

紅葉12

また会場では、カラオケ大会や中川温泉ペア宿泊券が

当たる大抽選会なども開催されるので、大いに盛り上がる

こと間違いなし!!

 

 まとめ

関東でお祭りが楽しめる紅葉スポット!!

  • 竜神峡・竜神大吊橋  茨城県常陸太田市
  • 成田山公園    千葉県成田市
  •  丹沢湖      神奈川県山北町

以上、お祭りが楽しめる関東のオススメの

紅葉スポットでした(^^

 

今年も、家族や友人、恋人とお祭りを楽しみながら

紅葉を眺めるのもいい感じですね(^^

スポンサードリンク


記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?



もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、

ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る