クリスマスプレンゼントの予算!彼女への平均額は!!

 

12月に入ると、一気にクリスマスムード

高まってきます(^^

 

駅前やデパート、人通りの多いところでは

クリスマスツリーイルミネーションが輝いて

とても綺麗です!!

 

 

そして、誰もが気になるのが

クリスマスプレゼント、でさらに気になるのが

その予算ではないでしょうか?

 

なので今回は、クリスマスプレゼントの予算

ついて、贈る相手別にまとめてみました(^^

では早速行ってみましょう~

       スポンサードリンク


 

恋人同士はどれくらい?

まずはじめに、恋人同士の場合の

クリスマスプレゼントの予算を見て

いきましょう(^^

 

男性から女性へ贈る場合の、予算ランキングは

こんな感じです!!

1位 1万円~1万5千円 (38.5%)
2位 1万5千円以上 (30.8%)
3位 5千円~1万円 (23.1%)
4位 5000円未満  (7.7%)

 

そして女性から男性へ贈る場合のランキングは

こんな感じです!!

1位 5000円未満 (47.4%)
2位 5000円~1万円 (21.1%)
3位 1万円~1万5000円 (15.8%)
4位 1万5000円以上 (15.8%)

 

この結果をみると、明らかに男性がプレゼントに

お金をかけていることがわかります!!

 

これは贈ってもらいたいと思うプレゼントの違い

男女にあるので、予算にも開きがあるのです。

 

例えば女性の場合、

  • 指輪
  • ネックレス
  • 高級料理
  • 旅行

と、高価なものを贈ってもらいたいと思う人が

圧倒的に多いです(^^;

 

反対に男性は、

  • 何でもいい
  • 財布
  • 時計
  • アクセサリー

比較的安く入手できるものを贈って

もらいたいと思う人が多いのです(^^;

 

まあ、仕方ないと言ったら仕方ないですが(^^;

相手に喜んでもらうことが一番なので、年1回の

クリスマスプレゼントに、男性陣はお金をかけても

良いのではないでしょうか?

 

ただ、女性に「何が欲しい?」と聞かれて「何でもいい」

というのは、何を贈ったらいいか迷うし、相手を困らせる

ことにもなるので、具体的に欲しいものを言った方が

相手のためにもなりますね(^^

 

夫婦はどれくらい?

では次に、夫婦の場合の

クリスマスプレゼントの予算を見て

いきましょう(^^

1位 5000円未満 (44.1%)
2位 5000円~1万円 (24.4%)
3位 1万円~2万円 (20.2%)
4位 2万円以上 (11.3%)

 

夫婦間のクリスマスプレゼントとなると、金額を

おさえ、気軽にプレゼントを贈る人が多いです。

 

また、プレゼントの内容も

  • 洋服
  • ネクタイ
  • 調理器具

など、実生活で本当に必要なものが多く、

恋人から夫婦になることにより、プレゼントも

より現実的になっていますね!!

 

この不景気の影響で、夫婦間のプレゼントに

かける予算も、削られているのが現状のようです(^^;

 

 

子供へはどれくらい?

では最後に、親から子供への

クリスマスプレゼントの予算を見て

いきましょう(^^

1位 3000円~5000円 (46.1%)
2位 3000円未満    (23.5%)
3位 5000円~1万円 (20.3%)
4位 贈らない     (10.1%)

 

これを見ると、5000円以内の家庭が約7割にも

なり、例え子供とはいえ、意外にも金額を

おさえている家庭が多く見られますね。

 

ちなみに、4位の「贈らない」と回答した家庭は、

幼稚園の年少未満や中学2年生以上の子供が

いる家庭です。

 

 

そして、子供へのプレゼント内容は、

このようなものが多いです!!

  •  おもちゃ
  • ゲームソフト
  • ケーキ

値段的にも手頃な、おもちゃやゲームソフト

圧倒的に多いようです。

 

特にゲームソフトは、男の子にも女の子にも

人気が高いので、クリスマスプレゼントとして

贈っている家庭が多いですね(^^

 

まとめ 

クリスマスプレゼントの予算で一番多かったのが

以下の通りです。

 

恋人同士

男性から女性へ   1万円~1万5千円

女性から男性へ  5000円未満

 

夫婦間の場合   5000円未満

子供へ贈る場合  3000円~5000円

 

全体的に見て、5000円くらいにおさえて

クリスマスプレゼントを贈っている人が多い

ですね(^^

 

クリスマスプレゼントは、やはり相手に喜んで

もらうのが一番!! 値段よりも気持ちを込めて

贈るのが、何よりではないでしょうか(^^

 

スポンサードリンク


記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?



もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、

ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る