新月に願いを叶える方法とは?新月参拝はのやり方はこれ!

 

 

目標や夢を叶えるには、新月に願い事

することが大切です。

 

その具体的な方法として、新月の時に

神社へ参拝する「新月参拝」をオススメ

してきました!!

 

詳しくは⇒新月に願いを叶える方法とは?

をご覧下さい(^^

 

なので今回は、新月参拝の具体的な方法に

ついて紹介していきますね!!

       スポンサードリンク


 

参拝の心構え

神社参拝って聞くと、

え~もしかして、困った時の神頼み」という声も

聞こえてきそうですが、この時点で多くの人が

誤解しているのです!!

 

神社とは「自分の願いを叶える場所」と思われがちですが、

それは大きな間違い!!

 

「えっ?自分のお願いをしないで何をするの?」

と、またまた声が聞こえてきそうなので(^^;

初めに言っておきます。

 

神社とは「感謝をする場所」なんです!!

 

 

何に感謝をするのかというと、

  • これまで生きてこれたこと
  • 良いご縁を頂いたこと
  • 良い出会いを頂けたこと

など、自分の人生をより良いものにして頂いた

ことに感謝するのです(^^

 

また、感謝だけでなく次ようなことも、参拝の時に

伝えると良いです!!

  • 神社や神様の発展を願う
  • 参拝に来た人の幸せを願う
  • 今後の自分のやることを明言する

神社に行って、神様や他人の発展や幸せ

願う人は、まずいません。

 

神様に感謝し、他人の幸せを願い、その上で

自分のやることを明言すれば、気持ちがすっきりし

身が引き締まり、自分のやりたいことの成功

つながるんです(^^

 

なので、神社は「自分の願いを叶える場所」ではなく、

感謝する場所」だということを、忘れないで

くださいね!!

 

スポンサードリンク


 

参拝の作法

参拝の心構えを理解したところで、今度は

参拝の作法について説明していきますね(^^

 

鳥居をくぐる時は?

ほとんどの神社には3つの鳥居があるはずです。

鳥居をくぐる前に、その手前でお辞儀をしてから

前に進みましょう。

 

 

そして、3つ目の鳥居を「三の鳥居」といい、

この鳥居から先が神域となります!!

 

なので、この鳥居をくぐる前に、身なりを整え

気を引き締めて、進むと良いです(^^

 

参道を歩く時は?

参道は、神様が通る道とされています。

なので、参道の真ん中でなく、を歩くと

良いです。

 

 

特にどちら側というのはありませんが、

左側通行が望ましいです(^^

 

手水舎の手順は?

手水舎(ちょうずや)とは、参拝前に手を洗う

場所のことです。

 

 

ここで手を洗ったり、口をゆすいだりするのですが

その手順を説明しますね(^^

  1. 右手で柄杓(ひしゃく)を取って、左手を洗う
  2. 左手で柄杓を持ち、右手を洗う
  3. 右手で柄杓を持ち左手に水を入れ、口をゆすぐ
  4. 左手を洗う
  5. 柄杓を元に戻す

ここまで来たら、あとは神前での参拝ですね(^^

 

参拝のやり方は?

神前まで来たら、いよいよ参拝です!!

 

 

参拝の基本は「二礼二拍手一礼」です。

ではこのやり方を説明していきますね(^^

  1. 賽銭を入れる(賽銭は投げずに人に手渡しするように)
  2. 鈴を鳴らす
  3. 二礼(頭を2回、深く下げる)
  4. 二拍手(右手が1センチほど下になるようにしゆっくり打つ)
  5. 手を合わせたまま、祈願をする(感謝と明言)
  6. 一礼(頭を1回、深く下げる)

これで参拝の終了です(^^

 



参拝が終わったら

ようやく参拝が終わりましたね(^^

お疲れ様です。

 

参拝が終わったら、また参道の左端を

通っていきましょう。

 

そして鳥居まで来たら、神社の方を向きお辞儀

してから、鳥居をくぐりましょう。

 

三つ鳥居がある場合は、全ての鳥居の前で

お辞儀をするのが良いですね(^^

 

まとめ

神社とは

  • 感謝し明言する場所

 

参拝の時は

  1. 参道は左端を歩く
  2. 鳥居の前でお辞儀をする
  3. 手水舎で手を洗い、口をゆすぐ
  4. 参拝は二礼二拍手一礼
  5. 参拝後も左端を歩き鳥居の前でお辞儀

 

以上が神社参拝の心構えと作法でした。

実際神社に参拝に行くと、このように

やっている人は、あまり見かけません。

 

だからこそ、神社参拝であなたの本気度を見せて

明言し成功の二文字を掴み取ってくださいね(^^

スポンサードリンク


記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?



もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、

ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る