半夏生に生焼き鯖を食べるって本当?!

 

半夏生(はんげしょう)に鯖を食べると
良いって聞いたんだけど、それって本当?
そしてそれは、どの地域?

Baidu IME_2015-5-21_14-31-45

それに、半夏生に鯖とは、どんな意味があるの?
って思いません?!今回はそんなところを
詳しく教えちゃいます!!

 

       スポンサードリンク


 

色々調べていくと、「半夏生に鯖」って聞くと、
あたりそうで怖いですが、実はとっても大事な
習慣なんです!!

 

是非ともその意味を、しっかりと学んでいきましょう(^^

 

 

半夏生に鯖を食べる地域や由来

古くは、越前と呼ばれていたころの話です。
当時の殿様が、半夏生の日に鯖を焼いて、
家来や農民に振る舞いました。

 

殿様は焼いた鯖をほおばりながら、こう言いました。
「この時期に鯖を食えば、夏は体力がもつだろ!
田植えで失った体力は、鯖で取り戻しなさい!

19932a92d5d555a303bf487c8e9fc2a8_s

当時は鯖が、大変に捕れる時期だったので、その処分の
意味あいも含まれていたそうです。また半夏生までに
田植えを済ませる事が、農家にとっては大事なことでした(^_^;)

 

また国にとっても、とても大事だったのです!!
(当時は米がお金でしたから・・)越前の国は福井県大野市です。
今でもこの地方には、この半夏生の時期に、焼き鯖を振る舞う
ことがされているんです!!

 

スポンサードリンク


 

半夏生になぜ、生焼き鯖を食べるのか?

鯖本来の旬は秋です。ではこの時期になぜ
生焼き鯖食べるのか?と言えば田植えの時期は、
禁忌といって、肉類や魚類を絶っていた事があるんです!!

 

特に農民などは、この半夏生を境にして、魚や肉を
食べるようになったのです。お殿様が言い出しっぺ
ですが、魚屋も同じように売り出したところ、大盛況(^^

 

鯖は腐りやすい為、在庫処分にちょうど良かった
と言う説もあります。

 



 

鯖の効能って?

では最後に、鯖の効能について紹介していきますね!!

 

多価不飽和脂肪酸が多い

鯖に含まれる脂肪は、とっても良質!!
DHAやEPAなどの成分です。特に
悪玉コレステロールを、下げる働きがあります(^^

さらにボケ防止や、脳の活性化などにも、効果的!!
この良質な脂は、ちょっと他の食品にはないものです。
血液の流れを良くし、心筋梗塞や動脈硬化などにも効果的。

 

ビタミンBが多い

疲労回復の効果がある、ビタミンBが非常に
多いのも特徴の一つ!!
身体を作る役割があります。

 

ビタミンDも豊富

カルシウムの吸収を助け、骨の再生を促す
ビタミンDも多く含んでいます!!

 

カルシウムも豊富

カルシウムも小骨に詰まっています!!
なので、鯖の味噌煮にすれば、骨も食べられ
その効果は絶大です(^^

a985d9241cf6b4ee60e6fb56bd6a80a7_s

最後に

以上が半夏生と鯖の関係でした!!
とっても健康的な食品である鯖を食べて、
暑い夏を乗り切っていきましょうね(^^

 

スポンサードリンク


記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?



もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、

ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る