浅草ほうずき市の由来は?値段はどれくらい?

 

浅草のほうずき市と聞くと、夏が来たぁ!!
って感じません?!述べ55万人が集まると
言われる、浅草寺のほうずき市!!

Baidu IME_2015-6-2_8-29-57

今回は、ほうずき市を紹介していきます!!
日程、時間、あとはお得なタイムセール
などなど(^^

 

       スポンサードリンク


 

そして、ほうずきが安く買えるなどの
レア情報を、徹底的に調査してきました!!

 

あなたもこれを読んで、ほうずきを少しでも
安く手に入れてくださいね(*´∀`*)

 

ほうずき市の概要・日程・時間

 

まずはこちらをご覧下さい!!

綺麗なほうずきに、掛け声や風鈴、風情ですね(^^

 

浅草のほうずき市と言うと、浅草寺の境内で
ほうずきの店が数多く出店して賑わうものですが、
観音信仰との関連が深いとされています。

 

毎年200もの露店がほうずきを売り、
威勢のいい掛け声とともに、
夏の浅草名物となっていす。

 

日程や時間は?

 

日程や時間は以下の通りです。

日程:7月9日(木曜日)10日(金曜日)

時間:9時~21時
(電話で確認したところ、2日目は
例年時間が、若干延びるようです!!)

 

スポンサードリンク


 

ほうずき市の由来・歴史

 

古来より、7月10日に浅草寺に参拝すると、
4万6千日分お参りしたのと、同じ功徳を得られる事から、
その日に参拝すると良い、とされてきました。

 

江戸時代、それを目当てにした露店が並ぶようになり、
ほうずき店も一緒に出店して、その功徳とともに、
ほうずきを売るようになりました。

 

ほうずきは元々、薬草として愛宕神社で売られて
いましたが、いつしか、7月10日とその前日7月9日は
ほうずきが売られる市として、浅草寺に根付いたものです。

 

また、ほうずきをお寺参りの土産物として
持って帰った?!事からも、ほうずき市が始まった、
なんてことも言われています(^_^;)

 

この時期に浅草寺にお参りして、ほうずきを買って
土産にすれば、功徳を大きく受ける事間違いなし!!
と、こういう考えが、今でも受け継がれているのかも
しれませんね(^^

 



 

ほうずきの値段は?

 

ほうずきの値段は、価格協定により、残念ながら
一鉢2500円と決まっているんです(^_^;)

 

また、ほうずきの単体販売の他に、
風鈴がセットになっているものなども
販売されています!!

 

また鉢植え以外では、

・枝ほうずき(ほうずきがなっている枝)が、1000円

・ひこほうずき(ほうずき一個に竹ひごをつけてあるもの)が、50円

・ほうずきの実だけセットで袋詰めにしたものが、500円

などで売っています。

 

さてここからが本番!!
ほうずきを安く買うコツです(*≧∀≦*)

普通に値切る
普通に値切って粘れば、2000円くらいまでなら
値切ることは可能!!(お店によります(^_^;))

 

タイムセールでさらに値切る
値幅があって、値段の言及は避けます!!
7月10日の午後6時以降になると、
タイムセールが始まります。

当日が雨などの場合は、もっと早く
タイムセールになるケースがあります。
ただ形のいいものは売れちゃって、無くなりますが・・・

かなり格安で入手出来ますよ~(*´∀`*)

 

最後に

 

いかがだったでしょうか?

 

これであなたも、浅草ほうずき市の
常連の仲間入り(*≧∀≦*)

 

そして、ほうずき市へ行った際には、
功徳を大きく受けつつ、ほうずきを
安く入手できたら幸いです(^^

スポンサードリンク


記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?



もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、

ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る