秋分の日の意味は?決め方は?計算式は?

 

秋分の日というと、どんなこと想像します~?
近年では、敬老の日の祝日も合わさって、
シルバーウィークなんて、呼ばれています!!

Baidu IME_2015-6-19_1-20-42

秋分の日は、お墓参りをする人が多いですが、
祝日が重なることで、旅行を楽しむ方も、
多くなっていますよね~(^^

 

       スポンサードリンク



 

今回は、そんな秋分の日について、
その意味と毎年少しずつ変わる日付の根拠を、
ズバッと紹介していきますね!!

 

秋分の日の意味

 

秋分の日の意味は、祝日法ではこう記されています。

 

祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ

 

これは、お墓参りをする習慣から、「この日を祝日にして、
先祖代々のお墓に行き、祖先に感謝を告げるとともに、
なくなった故人をしのんで、お参りする」と言うものです。

 

また、この日は太陽が真西に沈む事から、西方浄土の
考えがあり、それに関して宮中などでは「秋季皇霊祭
などが行われております。

 

元々、お参りが有って、後から祝日となった例の代表的な
ものなんです!!

 

ちなみに、太陽が秋分点と言う点を通ることから、
秋分の日となったと言う説もあるんですよ~(゜レ゜)

 

スポンサードリンク


 

秋分の日の決め方

 

秋分の日の決め方についてですが、秋分の日が
正式に決定するのは、前年の2月の第一平日
発表されます。

 

それが、正式決定です。しかし天文学的予測によって
一定の計算で求めることが出来るんです(*´∀`*)

 

それは、
西暦年数を4で割って、出た余りの数値によって
決められるものなんです!!
(今世紀までのもの)

 

西暦年数÷4での余りが0の場合

  • 1900年 – 2008年までは9月23日  2008÷4=502余り0
  • 2012年 – 2096年までは9月22日  2020÷4=505余り0

 

西暦年数÷4での余りが1の場合

  • 1901年 – 1917年までは9月24日  1917÷4=479余り1
  • 1921年 – 2041年までは9月23日  2013÷4=503余り1
  • 2045年 – 2097年までは9月22日  2049÷4=512余り1

 

西暦年数÷4での余りが2の場合

  • 1902年 – 1946年までは9月24日  1946÷4=486余り2
  • 1950年 – 2074年までは9月23日  2014÷4=503余り2
  • 2078年 – 2098年までは9月22日  2082÷4=520余り2

 

西暦年数÷4での余りが3の場合

  • 1903年 – 1979年までは9月24日  1979÷4=494余り3
  • 1983年 – 2099年までは9月23日  2015÷4=503余り3

 



 

このような計算で、簡単に求めることが出来るんです!!

 

つまり近年では、ほとんど秋分の日は9月23日で、
閏年であった2012年の秋分の日が、9月22日
と言うことになります。

 

そして、それは2041年まで、閏年は9月22日、
それ以外の年は、9月23日と言う事になります。

 

しかし、地球の運行上、正確な数値ではないので、
もしかすると条件などにより、未来は変わってしまうかも
知れません(^_^;

 

最後に

 

いかがだったでしょうか?
2015年は敬老の日と秋分の日を含め5連休です。

 

特に最終日に秋分の日を迎えますので、
日本各地が、「旅行者でごった返す時期
でもあります!!

 

どこかに行く予定があっても、秋分の日は
先祖のお墓参りをして、ゆっくり過ごしてみては
いかがでしょうか(^^

スポンサードリンク


記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?



もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、

ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る