処暑とは?意味は?食べ物は

 

処暑って、聞いたことあります~?暑いとありますから、
夏を表すものでしょうか?いえいえ違います。
処暑には、ちゃんと意味があるんですよ~(゜レ゜)

Baidu IME_2015-6-19_1-20-42

 

今回は、
この「処暑」について、紹介していきますねo(^▽^)o
昔の季節を表す言葉ですが、これを機会に、
是非とも一緒に、覚えておきましょう~!!

 

       スポンサードリンク


 

処暑っていつ?読み方や期間は?

 

処暑の読み方は「しょしょ」と言います。
月日は、8月23日頃を表します。
(2015年は8月23日です。)

 

期間は、この8月23日頃から、白露(はくろ)と
呼ばれる時期(9月8日頃)までを言います。

 

処暑の意味

 

処暑の意味は、この頃から
暑さが和らいでくる」という意味です。

 

24節季と呼ばれる、太陽黄経を基準にした
季節の暦の一つで、太陽黄経角度150度の日
意味します。

 

その前の24節季の立秋から15日頃を表します。
暦の上でも、気候面でも、秋の気配を感じる季節
なってきます。

 

陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也」と
暦便覧(暦の便りを表すもの)と、呼ばれるものでは、
説明されています。

 

スポンサードリンク


 

この頃に気をつけたいのが、台風!!
ちょうど夏の高気圧から秋へ移り変わる時期
なので、台風が日本に接近しやすい気圧配置に
なっています。

 

ということで、処暑は台風の特異日とされているんです。
ちなみに、残暑見舞いは立秋からこの処暑の時期までに
出すことが決まりになっています。

 

立秋から処暑までは
暦の上では秋を迎えましたが~」と
書き始めます。

 

ですが処暑を過ぎると
処暑を迎えましたが~」と
書き始めるんですね~(^^

 



 

処暑に食べる食べ物

 

処暑に食べる食べ物として、有名なのが
秋刀魚!!ちょうど、この時期ぐらいから秋刀魚が
南下してきて、太平洋側の各漁港で、水揚げされるという
ニュースも多く聞かれます。

 
9292d6bdf34f07cabd923bb63b8b6b49_s
 

その他の食べ物としては、

  • オクラ、秋ナス、枝豆、しそ、冬瓜、みょうが、
  • 唐辛子、とうもろこし、スイカ、梨、桃、ブドウ、
  • 太刀魚、おこぜ、イボダイ、かんぱち、たこ

 

などです。どれも秋を感じさせるのに、ふさわしい
食材と言えますね(^^

 

またこの時期は、やはり海のものや、果物などが
充実してくる時期でもあります。暑い夏を過ぎて、
ホッと一息ついて、秋を迎えるような感覚を、
覚える時期です。

 

それに、美味しい食べ物が、沢山出てくる時期でもあります。
是非、沢山食べて夏に落とした体力を取り戻しましょうね!!

 

最後に

 

いかがだったでしょうか?
処暑と言うと、まだ暑い盛りですが、徐々に
秋の気配に包まれて来る時期でもあります。

 

処暑の意味を知って、旬の食べ物を食べるのは、
人間にとって、とても良い習慣です!!

 

是非とも、このいい時期を利用して来る秋に
備えましょうね(^^

スポンサードリンク


記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?



もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、

ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る